薄毛と内臓機能の低下

 トップページ > 薄毛の原因と仕組み > 薄毛と内蔵機能の低下

薄毛と内臓機能の低下

内臓機能の低下は、ストレスによる自律神経の不調が考えられます。

内臓機能が低下すると、毛髪の構成に必要なたんぱく質の吸収が悪くなり、
十分な栄養が届かなくなります。


たんぱく質が不足した髪は、ハリやコシがなくなり、
細くて抜けやすい状態になり、薄毛の原因になります。


薄毛と内臓機能の低下

薄毛と内臓機能の低下

「頭皮.com」のトップへ戻る⇒