薄毛は遺伝する?

 トップページ > 薄毛の原因と仕組み > 薄毛は遺伝する?

薄毛は遺伝する?

結論から言うと、薄毛は遺伝します。

でもここで勘違いしないでくださいね。薄毛は遺伝しますが、
必ずしも薄毛になるとはいえないのです。


薄毛と遺伝の関係にについては、今現在も研究が進められていて、
まだ完全に解明されていません。

ですが、薄毛は遺伝すると信じている人は
大多数に及びます。


今現在判明していることは、
薄毛の遺伝は男性型脱毛症(AGA)のことを指しているということです。

男性型脱毛症(AGA)は、男性の脱毛の大多数を占めていて、
ここでの遺伝はこの脱毛症のリスクを高める男性ホルモンの分泌量についてです。


男性型脱毛症のリスクを高めると判明しているのが「ジヒドロテストステロン(DHT)」です。

この物質は、男性ホルモンの1種である「5α−リダクターゼ」によって作られ、
多ければ多いほどAGAのリスクが高まります。


そして、遺伝するのはこの「5α−リダクターゼ」の分泌量なのです。

AGAのリスクを高める男性ホルモンの分泌量が多さが、
遺伝するということ。

つまり、「薄毛になりやすい体質」が遺伝するということです。


最初に説明したように、
薄毛は遺伝しても必ず薄毛に悩まされるわけではないのは、
「薄毛になりやすい体質」が遺伝するからであって、
「かならず薄毛になる体質」が遺伝するわけではないからです。


薄毛と遺伝に関しては現在もはっきりとした結論は出ていません。

自分の薄毛はきっと薄毛の家系だから遺伝したんだ。
と諦める前に、きちんとした頭皮ケアと毎日の規則正しい生活習慣が大切です。


薄毛と遺伝

薄毛と遺伝

「頭皮.com」のトップへ戻る⇒