分娩後脱毛症

 トップページ > 抜け毛の種類と原因 > 分娩後脱毛症

分娩後脱毛症とは

分娩後脱毛症とは、女性が出産後、一時的に脱毛が促進してしまう症状のことを指します。

別名、産後脱毛症とも呼ばれています。


このタイプの脱毛症は、
妊娠中の女性ホルモンの急増が原因です。

妊娠中は女性ホルモン(エストロゲン)などが急激に増加します。

女性ホルモンは本来、毛髪の寿命を長くする作用があり、
妊娠中がこの効果によって成長が止まるはずの毛髪も成長を続けることがあります。

しかし、産後、この女性ホルモンが正常に戻ると、成長し続けていた毛髪が突然抜け始め、
一時的に過度の脱毛、薄毛の状態に陥ってしまいます。


これは、一時的な状態なので、ヘアサイクルが正常に戻り、
自然脱毛と発毛を繰り返すうちに十分改善することが可能です。


分娩後脱毛症

分娩後脱毛症

「頭皮.com」のトップへ戻る⇒