粃糠(ひこう)性脱毛症

 トップページ > 抜け毛の種類と原因 > 粃糠(ひこう)性脱毛症

粃糠(ひこう)性脱毛症とは

粃糠(ひこう)性脱毛症とは乾燥したフケが毛穴につまることで、
毛根や頭皮が炎症を起こし、その影響で毛髪の成長が止り脱毛を引き起こした状態を指します。

しかし、乾いたフケは本来抜け毛の原因にはならず、
フケによって脱毛が促進されるこの症状はとても珍しいと言われています。


粃糠(ひこう)性脱毛症の原因

粃糠(ひこう)性脱毛症の原因は乾いたフケです。

乾いたフケはシャンプーのしすぎやストレス、生活習慣の乱れによって
頭皮の皮脂が不足し乾燥することによって発生します。

肩にパラパラと落ちてくる細かいフケ。

あれが乾燥性のフケです。


逆に同じ症状の脂漏性脱毛症は湿ったフケが原因といわれていて、
過剰な皮脂によって起こる脱毛症です。


粃糠(ひこう)性脱毛症の改善方法

まず、粃糠(ひこう)性脱毛症には乾いたフケを発生させている原因である
頭皮の問題を解決することが大切です。

乾燥性のフケの大きな原因は、間違った頭皮ケアによって頭皮が刺激され乾燥していたり、
毎日のシャンプーが肌に合っていないなどが考えられます。

頭皮環境を正常化するためには、
今使っているヘアケア用品やシャンプーなどを一度見直してみましょう。


脱毛の改善には毎日の洗髪で頭皮の汚れや皮脂をしっかり取り除くことは基本ですが、
このタイプの脱毛症の場合は過度の洗髪は逆効果です。

頭皮の皮脂をほどよく残しながら肌に優しいものを選ぶように心がけましょう。


粃糠(ひこう)性脱毛症

粃糠(ひこう)性脱毛症

「頭皮.com」のトップへ戻る⇒