男性型脱毛症

 トップページ > 抜け毛の種類と原因 > 男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症(AGA)とは

男性型脱毛症(AGA)は、
頭皮が薄くなるタイプと、生え際が後退するタイプの2種類があります。

男性が悩まされている脱毛の大半がこのAGAと言われていて、
原因は遺伝や、ストレス・食生活の乱れなど多種多様です。


男性型脱毛症の原因

【脱毛しやすいホルモンの遺伝】

男性型脱毛症の原因の8割はこの遺伝と言われています。

「じゃぁ、何をしても治らないのか・・・」

と諦めないでくださいね。


ここで勘違いしないでほしいのは、
薄毛が遺伝するのではなく、脱毛しやすいホルモンの分泌量が遺伝するということです。

つまり、脱毛しやすい体質だけど、
きちんと対策を立ててケアをすれば十分改善できるということを十分に理解しておいてください。


【抜け毛の原因になる男性ホルモン】

男性型脱毛症のリスクを高める要因と判明しているのが「ジヒドロテストステロン(DHT)」です。

これは男性ホルモンのひとつである「5α−リダクターゼ」によって発生し、
多ければ多いほどAGAのリスクが高まるといわれています。

そして、このAGAの原因として最も多いと言われている遺伝ですが、
遺伝するのはジヒドロテストステロンを発生させる「5α−リダクターゼ」の分泌量なのです。

つまり、脱毛しやすい体質が遺伝するということ。


薄毛の家系に生まれた兄弟の片方が重度の脱毛に悩まされて、
もう片方はフサフサなんてことはよくありますが、
これはこの脱毛しやすい体質に関係しています。

きちんとした予防をすれば、男性型脱毛症のリスクを抑えることは十分に可能だということです。


男性型脱毛症類

男性型脱毛症

「頭皮.com」のトップへ戻る⇒